So-net無料ブログ作成
はとむぎ ブログトップ

10年以上前からのこめかみの大きなイボがはとむぎでぽろっととれた [はとむぎ]

手足の冷えが改善し便秘体質も改善

健康のために、私がハトムギをとるようになったのは、3年前からです。薬膳教室に参加して、「ハトムギが体にいい」と聞いたことがきっかけでした。

それ以前から私は、マクロビオティツク(穀類や野菜を中心とした伝統的な日本の食事法)にも興味を持ち、玄米菜食を実践していました。その食生活に、ハトムギも加えることにしたのです。実践しているのは、ハトムギを飲むこと。そして、玄米1合に対して大さじ1杯のハトムギ(精白粒)を加えて炊いたり、ゆでたハトムギをサラダやスープに入れたりして食べています。

また、自分でパンを作るときに、粉末になったハトムギを加えることもあります。ハトムギを加工した健康食品も取り入れました。ハトムギは特にクセのある味ではないので、食べにくさを感じることもなく、無理なく続けることができています。

以前は冷たかった手足の冷えが改善し、便通もよく、元気に米菜食やハトムギを取り入れているおかげかもしれません。昨年は、明らかにハトムギの効果だと実感できる出来事もありました。

イボの跡も問題なし


は、私は10年以上前から、右側のこめかみに直径6 cm大のイボがありました。皮膚の色とほぼ変わらないので、さほど目立つわけではありません。

それでも、丸くてポチッとしたものが皮膚から出っ張っているため、顔を洗うときや化粧水をつけるときに気になっていました。

あるとき、知人から「イボにハトムギを直接塗ると効果的」と聞き、私は早速試すことにしました。毎日食べているハトムギの健康食品を、ほんの少し手に取り、少量の水で練ってかたくなったばんそうこうらイボに塗り、その上に秤創膏まを触るようにしたのです。これを毎日続けていたら、そのうちムズムズとかゆくなり、指で触っているうちにカサブタ状のものが少しずつはがれるようになりました。

そして、ハトムギを塗り始めて20日くらいら、ポロッとイボが取れたではありませんか。まさかこんなにみごとに取れるとは思っていなかったので、私はビックリしました。

思わず写真を撮って、教えてくれた知人にメールで送ったほどです。イボが取れた箇所は、しばらくはほかの部分と少し違う肌の色になっていたのですが、それも5ヶ月ほどで目立たなくなりました。今ではそこにイボがあったとはわからないくらい、周りの肌と同じ状態になっています。

私がはつきりと実感したのはイボ取り効果ですが、ハトムギには血液やリンパ液などの体液の流れをよくする働きもあるそうです。イボ取り効果があるとしゆいうことは、体の中にできる腫瘍などの予防にもなると聞きました。ですから、健康法の1つとして、身近な知人にもハトムギを勧めています。なかには「ハトムギをとるようになって便秘が改善した」という人もいます。自分の健康を維持するために、これからもハトムギ生活を続けていくつもりです。

ハトムギがイボや水イボに効果があることについては、我が国を中心に論文が発表されています。メカニズムは完全には解明されていませんが、おそらくハトムギは眠っている細胞に働きかけ、肌の新陳代謝を促進させるからでしょう。また、ハトムギの免疫を活性化させる作用や抗ウイルス作用などが関係している可能性もあります。なお、ハトムギに限らず食物の皮膚への直接塗布は、アレルギー反応を誘発することがあるので、注意が必要です。

発酵はとむぎ「スーパーゴールド」の口コミ、使用感、効能・効果一覧

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

慢性化した頑固な便秘が解消し、肌も絶好調に [はとむぎ]

ハトムギ茶はお茶がわりに毎日飲む


ハトムギを日常生活に取り入れるようになったのは、今から1年半前です。きっかけは、私が通っている料理教室の先生や、生徒さんから勧められたことでした。それまで、ハトムギに関する知識は何もありませんでしたが、なんでも肌がキレイになるなどの美容効果が期待できるそうです。

また、イボやポリープの改善にも役立つと聞き、試すことにしました。私の子宮に初めてポリープが見つかったのは、今から6年前に受けた健康診断でした。そのときは、あまり大きくはなかったので、内視鏡を用いた簡単な手術で切除してもらいました。

子宮のポリープは再発しやすいそうですが、私も例外ではありませんでした。その後も、ポリープが再発しては切除するということを計3回くり返すことになりました。2年前には、ポリープが直径2〜3 cm大になっていることがわかりました。これが3回めでしたが、内視鏡では切除できない大きさなので、全身麻酔の手術を受けたのです。

実は、私の母と祖母は、ガンで他界しています。私のポリープも、もしかすると遺伝かもしれません。ポリープだけでなく、ガンを予防するためにも、ハトムギが役に立つといいなと思いました。私の場合、ハトムギ茶とハトムギ(精白粒)を使っています。ハトムギ茶は、ふだんのお茶がわりに毎日飲んでいます。また、ハトムギは、白米といっしょに炊いたり、料理に混ぜたりして食べています。ご飯はモッチリとおいしくなりますし、料理に混ぜても全く違和感はありません。

こうして、ハトムギをとり入れ始めたところ、確かにお肌の調子がよくなりました。さらに、気づいたときには便秘も解消していたのです。以前は、2〜3日に1回しか、お通じがないような慢性的な便秘でした。排便があっても、コロコロとしたかたい便です。それが毎日1回、しかも健康的な便が出るようになつたのです。

これまでにも、いろいろな健康法や健康食品を試したことがありますが、ハトムギほど長く続いたことはありません。やはり、肌の調子や便通の改善効果をすぐに実感できたことが「続けよう」という気持ちにつながったのだと思います。

子宮のポリープは大きくなっていなかった


うれしいことに、ハトムギは子宮のポリープにも好影響があったようです。2年前の手術後にもポリープが再発したのですが、それが切除するほど大きくなっていなかったのです。今後も、この状態を維持しっつ、あわよくばポリープがなくなればと期待しています。

4ヶ月前からは、料理教室の生徒さんから教えてもらった、ハトムギの化粧水を使っています。作り方はとても簡単です。密閉容器に、ハトムギ大さじ2杯強(30g)と日本酒300ccを入れ、2週間放置するだけ。日本酒は、市販の安価な物を使いました。この化粧水を手のひらに取り、顔や体にパタパタと染み込ませます。おかげで、ますます肌の調子がよくなりました。

周囲からも、「肌が白くなった」「お肌がすごくキレイ」とよくいわれるのです。更年期にさしかかると、太りやすくなる、体調不良に見舞われるとよくいいます。その点、ハトムギをとっている影響か、今のところ体重も増えませんし、体調もいい状態です。子宮のポリープやガンの予防のためにも、今後もハトムギを続けていくつもりです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

直径1cmのシミがハトムギで目立たなくなり娘のアトピーま軽快 [はとむぎ]

10年前から気になっていた手の4 mm大のイボが消えた


我が家では、家族全員、ハトムギの恩恵にあずかっています。きっかけは、娘の体質改善に、友人の勧めでハトムギをとり始めたことでした。

娘は幼いころ、「軽いアトピー性皮膚炎」と診断されました。汗をかいたり、乾燥したりすると、手足の関節にかゆみが出て、悪化するとステロイド軟膏に頼っていたのです。また、娘は頑固な便秘症でした。1週間排便がなくて、おなかが苦しくなって病院にかけこんだことも幾度かありました。

これだけツライ便秘なのに、薬を飲むと、今度はおなかをこわしてしまうのです。友人の情報では、肌や腸の状態を整えるにはハトムギがいいとのこと。そこで、ハトムギとハトムギの若葉が入った粉末状の健康食品をとるとともに、ハトムギの精白粒を米といっしょに炊いたり、焙煎されたハトムギ粒を買ってサラダやスープに入れたりして食べるようにしました。

始めたのは今から6年前、娘が小学校5年生のときです。それ以前からときどき飲んでいたハトムギ茶も、日常的に飲むようにしました。

すると、まず私に、うれしい変化がありました。約10年前から、右手の甲側で人差し指のつけ根にあった、直径4 mm くらいの黒く膨らんだイボが、ほとんど消えたのです。以前は気になって、よく指でコロコロと触ったものです。ところが、ハトムギを食べ始めて1年も経たないうちに、平らになったのです。それから数カ月後に色も薄くなり、今では周りの肌の色とほとんど変わらなくなりました。

一方、娘の肌は、今でも汗をかいたり、乾燥したりすると、かゆみが出ることはあります。しかし、症状は以前よりかなり軽くなって、薬を使う必要はありません。現在は高校生ですが、思春期特有のニキビに悩まされることもないようです。お通じも、毎日ではないものの、過に数回はコンスタントにつくそうです。薬の服用や、病院へ駆け込むことがなくなったのは大きな嬉しい変化です。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
はとむぎ ブログトップ