So-net無料ブログ作成

慢性化した頑固な便秘が解消し、肌も絶好調に [はとむぎ]

ハトムギ茶はお茶がわりに毎日飲む


ハトムギを日常生活に取り入れるようになったのは、今から1年半前です。きっかけは、私が通っている料理教室の先生や、生徒さんから勧められたことでした。それまで、ハトムギに関する知識は何もありませんでしたが、なんでも肌がキレイになるなどの美容効果が期待できるそうです。

また、イボやポリープの改善にも役立つと聞き、試すことにしました。私の子宮に初めてポリープが見つかったのは、今から6年前に受けた健康診断でした。そのときは、あまり大きくはなかったので、内視鏡を用いた簡単な手術で切除してもらいました。

子宮のポリープは再発しやすいそうですが、私も例外ではありませんでした。その後も、ポリープが再発しては切除するということを計3回くり返すことになりました。2年前には、ポリープが直径2〜3 cm大になっていることがわかりました。これが3回めでしたが、内視鏡では切除できない大きさなので、全身麻酔の手術を受けたのです。

実は、私の母と祖母は、ガンで他界しています。私のポリープも、もしかすると遺伝かもしれません。ポリープだけでなく、ガンを予防するためにも、ハトムギが役に立つといいなと思いました。私の場合、ハトムギ茶とハトムギ(精白粒)を使っています。ハトムギ茶は、ふだんのお茶がわりに毎日飲んでいます。また、ハトムギは、白米といっしょに炊いたり、料理に混ぜたりして食べています。ご飯はモッチリとおいしくなりますし、料理に混ぜても全く違和感はありません。

こうして、ハトムギをとり入れ始めたところ、確かにお肌の調子がよくなりました。さらに、気づいたときには便秘も解消していたのです。以前は、2〜3日に1回しか、お通じがないような慢性的な便秘でした。排便があっても、コロコロとしたかたい便です。それが毎日1回、しかも健康的な便が出るようになつたのです。

これまでにも、いろいろな健康法や健康食品を試したことがありますが、ハトムギほど長く続いたことはありません。やはり、肌の調子や便通の改善効果をすぐに実感できたことが「続けよう」という気持ちにつながったのだと思います。

子宮のポリープは大きくなっていなかった


うれしいことに、ハトムギは子宮のポリープにも好影響があったようです。2年前の手術後にもポリープが再発したのですが、それが切除するほど大きくなっていなかったのです。今後も、この状態を維持しっつ、あわよくばポリープがなくなればと期待しています。

4ヶ月前からは、料理教室の生徒さんから教えてもらった、ハトムギの化粧水を使っています。作り方はとても簡単です。密閉容器に、ハトムギ大さじ2杯強(30g)と日本酒300ccを入れ、2週間放置するだけ。日本酒は、市販の安価な物を使いました。この化粧水を手のひらに取り、顔や体にパタパタと染み込ませます。おかげで、ますます肌の調子がよくなりました。

周囲からも、「肌が白くなった」「お肌がすごくキレイ」とよくいわれるのです。更年期にさしかかると、太りやすくなる、体調不良に見舞われるとよくいいます。その点、ハトムギをとっている影響か、今のところ体重も増えませんし、体調もいい状態です。子宮のポリープやガンの予防のためにも、今後もハトムギを続けていくつもりです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。