SSブログ

花粉症との闘いは20年以上、つくし飴が一番効果的 [つくし]

花粉症が始まったのは18才のときです。そのころは花粉症がまだ知られていなかったので、「よくカゼをひくなあ」と思っていました。毎年市販のカゼ薬を飲んで症状を抑えていました。

ところが20才のころに症状がひどくなり、驚いて病院に駆け込みました。目のかゆみ、充血だけでなく、くしゃみも鼻水も止まらなくなってしまったのです。

病院で調べてもらったところ、どうやら私の花粉症はスギが原因だとのこと。その年からは、毎年1月には薬をもらって、花粉症に備えるようになりました。花粉症の薬は眠くなるので、仕事中はとてもつらいのですが、人と話ができないほどくしやみを連発したり、鼻のまわりがカピカピになるほど鼻をかんだりしながら働くわけにはいきませんから。

病院の薬以外にも、いろいろ試してみました。テレビで「花粉症にいい」と紹介されていた凍頂点龍茶や甜茶はもちろん、シソエキスやヨーグルトなども。あまり効果は実感していませんが、やらないよりましだと思ってつづけています。

花粉症グッズも新しいものが出るたびに試していました。鼻をかむティッシュは、鼻ががさがさにならないウェットタイプのものがよかったです。

ミントガムやマスクは鼻が楽になるのですが、仕事中は使えないので、ほかにもっといいものがないかなと、常々思っていました。最近は秋の花粉症にも悩まされています。10月ぐらいになると、朝起きがけにくしゃみが止まらないのです。

病院の花粉症の薬を飲み始めるのは1月なので、どうしようかと思ったときに出会ったのがつくし飴でした。つくしは小さいころに食べたことがありますが、花粉症に効果があるなんて半信半疑。1粒なめてみると、すぐに花粉症の症状がおさまりました。これはいいと思い、それからは朝起きたら1粒なめるようにしています。

仕事をしている問は効果がつづくので、とても助かります。つくし飴には副作用がないのもいいですね。私の子供も花粉症なのですが、春先は病院の薬でぼーっとしてしまうようです。
子供には薬よりつくし飴のほうがいいかもしれません。私も病院の薬は極力飲みたくないですし、花粉症グッズもめんどうです。今年の春の花粉症はつくし飴で様子をみるつもりです。
タグ:つくし飴
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0